育児

夏休みの留守番、お昼ご飯はどうする?

お悩みママ
お悩みママ
夏休みの子供の留守番、お昼ご飯どうしよう?

そんなお悩みはありませんか?

共働き家庭では、夏休みに子供に留守番をさせるご家庭もあるでしょう。

子供の留守番で気になるのが「お昼ご飯」ですよね?

今回は、夏休みの留守番の時のお昼ごはんについて以下の内容でお伝えします。

  • 子供の夏休み、留守番のお昼ごはんのヒント4つ
  • 留守番のお昼ごはんを用意する時の注意点

簡単に準備ができて、かつ安心して留守番をさせられるように、お昼ごはんを用意したいものですよね。

 

夏休みの留守番お昼ご飯のヒントを4つ

子供の夏休みの留守番、お昼ごはんのヒントをいくつかご紹介しますね。

どれも子供が簡単に食べられるようなものなので、子供の留守番のお昼ごはんにはおすすめです。

  • レンジ対応の食器やタッパーにお弁当を作って置く(冷蔵庫で保存)
  • 流水麺(水でほぐすだけでOKの麺類)
  • レンジで温めるだけのパスタ
  • レンジで温めるだけのお弁当(冷食など)

栄養面も気になるので、できればお弁当を用意してあげたいところですが、ワーママの朝はめっちゃ忙しいですからね。

ほどほどに時短で用意できるものがあると助かりますよね。

留守番のお昼ごはんの注意点

子供の夏休みの留守番用のお昼ごはんを用意する時の注意点についてまとめます。

注意点は以下の通りです。

  • 火を使わなくて済む物を用意する
  • 食材が傷まないように注意する

当たり前のことかも知れませんが、大事なことなので一つずつ解説していきますね。

火を使わなくて済むものを

子供だけの留守番になるので、火を使わなくて済むようなお昼ごはんを用意します。

るる
るる
万が一のことを考えて、できるだけ安全性の高いものを用意したいですよね。

レンジ対応の食器やタッパーなどにお弁当を作って置くと、そのままレンジでチンして食べることができます。

レンジで加熱するものなら子供でも簡単にできますし、間違ったレンジの使い方をするなどの事がない限りレンジなら(火に比べて)安全ですよね。

食材が傷まないように注意する

夏は特に食中毒が心配な季節ですから、食材が傷まないように注意することが必要です。

作り置きしたお弁当は冷蔵庫に入れておくとか、保冷材を添えておくなどの工夫をしなければいけません。

水分を減らすとか、調理も傷ませない工夫が大事です。

るる
るる
調理の際の手洗いや消毒も必須ですね。

【ウチの場合】夏休みの留守番お昼ごはん

ウチの場合は、夏休みの子供のお昼ごはんはレンチンOKのランチプレートにお弁当を作って冷蔵庫に保管しています。

るる
るる
お昼ごはんの時にレンジでチンして食べてね。

と伝えて、お昼ごはんに食べさせています。

ミニトマトやデザートは別の容器に入れて、これも冷蔵庫保管。

とにかく傷ませないように、ということを念頭に入れています。

るる
るる
夏のお弁当は特に気を遣いますよね~。

ただ、お弁当を作るって結構ハードな作業です(>_<)

たまには冷凍パスタ(チンするだけ)とか、冷凍のお弁当を利用するのもアリかな~なんて考えてはいるんです。

できるだけ手間をかけずに、でもちゃんとしたご飯を食べさせてあげたいという・・・ワーママの悩みです。

夏休みの留守番お昼ごはん【まとめ】

今回は子供の夏休みの留守番お昼ごはんについて解説をしてきました。

ではおさらいをしていきますね。

  • レンジで温めればOKのお弁当を作り置きする
  • 水でほぐすだけの麺類や冷食を活用する
  • 火を使わずに食べられるものを用意する
  • 食材が傷まないような工夫が必要

夏休みは長いです。子供が留守番をする日も多くなりますよね。

子供が安心&安全にお昼ごはんを食べることができるように、用意をしてあげたいものです。

でも忙しいワーママなら、できれば簡単&手間をかけずに準備できるのが大事なポイント。

上手に手を抜きつつ、子供が安心して食べられるような夏休みお昼ごはんを作ってあげられると良いですね。

▼習い事のお悩みは?▼

関連記事:【共働き】子供の習い事はどうしてる?わが家の小学生はこうしている

共働き家庭の子供の習い事
【共働き】子供の習い事はどうしてる?わが家の小学生はこうしている共働き家庭では子供の習い事はどうしている?わが家の場合について解説しますね。習い事の送迎ができない、時間が取れないなどの悩みがあるワーママも多いと思います。わが家の工夫についてまとめているのでご覧ください。...